阿九亜屋

阿九亜屋

競馬を攻略するために、必要なのは目と耳

【馬券で勝つために必要な目とは】
まずは“目”について説明します。2018年の天皇賞(秋)でどの馬が勝ったか、アナタは覚えていますか?勝ったのはアーモンドアイです。恐らく覚えている方も多いことでしょう。では、そのアーモンドアイはどういう走り方をする馬でしょうか?そしてアーモンドアイのレース中のしぐさにはどんな特徴がありますか?これを説明できる方は少ないと思います。
日本の競馬には、さまざまなデータがあります。調教タイムに始まり、コーナー通過順位、馬体重、調教後馬体重、ラップタイム、上がり3ハロン…etc。このうちの大半は、実は競馬ファンが要望し、それに応える形でJRAが発表するようになったものです。海外ではここまで細かいデータを主催者が発表することはありません。そして面白いことに、これだけ細かいデータを発表している日本の競馬よりも、海外の競馬の方が平均配当は断然低い(つまり馬券を的中させる人の割合が多い)のです。皮肉だとは思いませんか?
では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか?仮に、これらのデータが全くなかったらどうでしょう?一体どうやってレースの結果を予想しますか?そうです。過去のレースを見たり、調教の映像を見るしかありません。競走馬は生き物です。話すことはできませんが、隠すこともできません。状態の良し悪しも、得意な馬場やコースや適性も、すべては走りに表れます。厩舎のコメントとは違い、そこには正しい情報しかないのです。
私たちが馬券を的中させるために必要な2つの内、1つと断言する”目”とは、競走馬の走りを見る”目”のことです。どこで手前を替え、どこでギアが入るのか、騎手の合図に反応するスピードはどうか、他馬を気にするしぐさはあるか、斤量が増えて走りがどう変わったか…etc。数えればきりがありませんが、これらをしっかりと把握することができれば、レースの結果は自ずと絞られるのです。

【馬券勝つために必要な耳とは】
「競馬会の現実」でお話したように、厩舎関係者は決して公には本音を話しません。しかし、公でない場であればどうでしょうか?競馬会というのは一種の村社会です。外部とは隔絶されていますが、その分、ほかの厩舎とは繋がりが深く、親戚縁者がいるという間柄も珍しくはありません。また古くから付き合いのある記者などもおり、そういう記者には本音で話します。もちろん、記者はその中から使えないコメント(使うと厩舎にマイナスなコメント)は削除して使用するという信頼関係があるからこそです。
競走馬について、最も多くの事実を知っているのはやはり厩舎関係者です。放牧中も放牧先とは密にやり取りをしていますし、それらを含めレース前にトレセンでしっかりと最終調整を行い、レースに送り出します。そうです、馬券で勝つために必要な“耳”とは、厩舎関係者の「本音」を聞くことです。
前出したように、厩舎関係者が本音を話す関係者というのは限られます。しかし、私たちは古くから競馬会に根を張っている情報ルートをいくつも確保しています。彼らはそれぞれに特化した厩舎に対し絶大な信頼を勝ち取っており、その厩舎が彼らに「本音」を隠すことはありません。

購入馬券の種類はもちろん3連単!レース終了後に歓喜の声を上げれるほどの配当を狙っているのが阿九亜屋の競馬予想

阿九亜屋の無料登録

推奨する今週の勝負馬を確認し、狙い通りの的中を実感できる。

週末の無料提供買い目を今すぐチェックしよう!

無料で稼げる競馬予想サイト

毎週無料で買い目を提供している【グロリア】

10月9日「無料情報」の三連複「東京12レース」で的中を確認!

回収金額12,800円

↓↓無料で倍以上の回収に成功!絶好調の【グロリア】↓↓

グロリア

競馬予想サイト
スポンサーリンク
シェアする
らくらく競馬予想

口コミ

  1. 匿名 より:

    勝負馬の単勝で購入するのも悪くないですよ。7割くらいは当たるし5倍とか期待できます。
    下手に中途半端な3連単の配当なら1点で単勝勝負の方が効率がよかったりするときもあります。

タイトルとURLをコピーしました